水道の工事やトラブルの相談は業者へ

水道の工事やトラブルの相談は業者へ 私たちは毎日、キッチンやトイレ、バスルームなど、生活のあらゆる場面で水道を利用します。頻繁に利用する事もあって、いざ故障してしまった時、一気に生活が不便になるでしょう。何かしらの不具合や故障を発見した時、まず大切なのはどう対処するかです。原因を見つける事も大切ですが、専門知識のない方が故障箇所を見つけても、自分で直せる訳ではありません。真っ先にするべきはやはり、専門の業者に連絡し、工事を手配する事です。今以上に被害を広げてしまわない事、すぐに今まで通りの生活に戻す事、それには業者の力が必要なのは間違いないでしょう。

■トラブルによっては自分で応急処置を

水道のトラブルは、最終的には業者に工事をお願いする事になります。しかし、依頼する前には業者を選ばなければなりませんし、連絡をしても今すぐ来てくれるとは限りません。そのため、状況によっては自分で応急処置をしなければならない場合があります。例としては、水漏れが起こっている時です。例えばトイレで水漏れが起こっている場合、そしてその水が便器やタンクの外に出てきている場合、床が水浸しになります。当然ですが水は元を閉めなければ止まらず流れ続けてしまうのです。家庭の水回りには止水栓と呼ばれる水の元栓がありますので、水漏れを確認した場合、まずは自分で止水栓を止める事をおすすめします。少なくとも、業者が来るまで被害が拡大する事がなくなります。

■依頼する業者を選ぶ
水道の工事を業者に依頼する場合、トラブルの内容によって料金が上下しますし、依頼する業者によっても異なります。水回りの工事は思っているよりも料金がかかってしまう事がありますので、少しでも負担の少ないところに依頼したいものです。トラブルに緊急性がなければ、複数の業者に連絡して、無料の見積もりをとってもらうと良いでしょう。しかし水漏れなど状況によっては業者を選んでいる時間を取れない事もあります。その場合はせめて口コミを確認したり、業者のホームページを調べたりして、少しでも信用できる業者を選ぶようにしましょう。

■分からない場合はむやみに手を触れない

水回りのトラブルで避けたい事として、知らないなりに手を加えようとする事です。例えばトイレの詰まりでよくある例としては、熱いお湯を流して詰まったものを柔らかくしようとする事です。確かにお湯を注げば詰まっているものがふやけて流れそうですが、便器に熱を加える事で、急激な温度の変化から亀裂が入ってしまう可能性があります。そうしますと、詰まりだけではなく便器からの水漏れが発生してしまう心配があるのです。その他水道の修理にしても、修理しようとして、他の部品を壊してしまうという事もありえます。分からない場合には自分でなんとかしようとせず、業者に工事をお願いする方がなにより安心です。


■まとめ
水道の故障は、思っている以上に簡単ではありません。今ではインターネットで調べれば必要な部品や交換方法が出てくる事でしょうが、それ以上の専門知識はないでしょう。工具が必要になってくる事もあれば、しっかりと合う部品も用意しなければなりません。私たちが自分らで修理する事ができれば、業者に依頼するよりも費用を安く済ませる事ができるでしょう。しかし正しく直す事ができなければ結局問題が解決されないままで、余計に費用がかかってしまう事もありますし、被害が拡大する恐れも考えられます。水道など、水回りのトラブルが起こった際にはまず慌てず業者に見積もりをお願いして、それからどこに依頼するか考えても良いです。トラブルを放置するような事は特にしないようにし、いつも通りの生活に戻れるよう業者に修理してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース